トップ > 情報用紙部門 > CTP製版・DTP設備(今泉工場)

CTP製版・DTP設備(今泉工場)

CTP ワークフローシステム(大日本スクリーン/富士フィルム 製)
CTP

大昭和加工紙業今泉工場では、2013年にCTP(Computer to Plate)製版設備を、2016年にはDTP関連設備を導入いたしました。
CTP製版設備導入後は、いままでよりもスピーディーに、さらに高精度で再現される網点などによる印刷品質の向上、何度でも同じように正確に版を出力できる安定性、さらに大幅な工程削減によるコストダウンなど、お客様のご要望に、より近づけるようになりました。


CTP製版・DTP設備(今泉工場)

CTP 入稿データの受け入れについて
 *ビジネスフォーム(情報用紙)部門  
完全データ入稿でお願いしております。
PDF-x1a、PDFx4データでの受け入れを推奨しております。
また、受け入れ可能なOutlinePDF ADvanceのバージョンは
5.0までとなっております。

 *紙器(パッケージ)部門 
 Adobe Illustrator 2017まで
(面付ソフトの対応状況です。)


※両部門とも詳しくは担当営業にご確認をお願いいたします。

DTP関連設備
DTP関連設備
パッケージや名刺・チラシなど各種印刷物やホームページのオリジナルデザイン作成はもちろん、
紙器部門では、お客様からお預かりした大切な印刷データの修正や、印刷用データを印刷機の作業効率に
合わせて作る刷版用の面付けデータ作成しています。


使用ソフトウェア
Adobe クリエイティブクラウドなど

 

大型インクジェットプリンター

面付けデータ作成時の検版用サンプルや簡易的な
色校正を出力したり、印刷物などオリジナルデザ
イン作成時のサンプル制作などに使用しています。